ハイヤーを社用車として使う企業が増えている理由

ハイヤーは公人や要人、セレブが乗る車両という印象が強くあります。それは、単純に高級車だからといえます。車両は高級であり、常に磨かれている、もちろん内装も清潔感あふれるものとなっているのでしょう。車両の種類にもよりますが、シートの座り心地はとてもよく、腰を痛めにくい、長時間座っていても疲れにくいといえます。ハイヤーは見た目だけではなく、このように実際に乗ったときの感じも素晴らしいのです。そのため、社用車として利用するには申し分ないでしょう。また、これまでは企業に運転手が所属し、担当の幹部や役員の運転を担当してきました。朝、自宅にお迎えに行くところからはじまり、会社に出勤。その後、ほかの会社回りなどをしたあとに、帰宅の際も送迎します。担当の幹部や役員が何らかの用のあった際は、すぐに動けるように待機しているのです。

その間は幹部のスケジュール管理をしたり、車の清掃などをしたりとほかの業務を行っていました。このような業務に付いている人が一つの会社に数人おり、それぞれの運転手として働いていたのです。すぐに車を出してくれるので動きやすく、とても便利ではあったと思いますが、同時にとても経費がかさんでいました。たとえば、運転手ひとりあたりに給料を出さなければなりません。その金額が必要ですし、車両購入費から維持費、駐車場代などあらゆる経費がかかります。それから世の中の移り変わりとともに、企業の社用車はハイヤー会社に依頼するケースが増えてきました。内容はこれまでとほとんど変わらず、企業とすれば車両購入をしなくてもよくなり、維持費もかからない。ハイヤー会社に支払う金額のみで済むため、管理もしやすくなりました。

また、これまで運転手を直接雇用していたときよりも経費がかからなくなったため、会社にとっても喜ばしいことになっているでしょう。とはいえ、ハイヤー会社から企業の幹部や役員の運転手として仕事を依頼されるのは、会社側からしてもいわゆる「仕事のできる人」「ベテラン」です。そのため、運転手側からしても企業の幹部や役員の運転手ができるというのは光栄なことであり、会社から認められているからといってもいいでしょう。ビジネスマナーを心得ており、運転技術にも申し分のない人でなければ選ばれることはありません。これまで企業が運転手を直接雇用していたときと比べて経費の削減ができ、ハイヤー会社としても依頼される仕事が増えたため、お互いにとってメリットのある結果となっています。