ハイヤードライバーはどのような人ですか

ハイヤーのドライバーについて疑問に思われる方も多いようです。ハイヤーのドライバーというのは、どのような人がされているのか気になるようです。確かに、タクシーとは違う、高級感あふれる車両を運転し、高級感あふれるサービスを提供してくれる人はどのような人が担当してくれるのか。男性と女性の割合や年齢など気になることはいくつかあるでしょう。

ハイヤーのドライバーは新卒だけではなく、中途採用もしています。求人誌で見かけたことがある方も多いはずです。新卒の場合は、その多くの人は外国語が堪能であり、留学経験がある人もいます。さらに、接客業を希望していることから、人と接するのが好きで、物怖じしないタイプが多いでしょう。資格としてはTOEICや英検、秘書検定、普通自動車免許などを持っている場合がほとんどです。入社してから会社のサポートを受け、普通自動車二種免許を取得するようになっています。新卒の場合は、男女共におり、会社によっては女性の新卒が多いこともあるようです。女性が社会で活躍できる仕事という印象がありますし、とてもかっこよく憧れる学生たちもこの先増えるのではないかと思われます。

一方、中途採用でハイヤードライバーをする人たちの多くは、「この仕事に憧れていた」「長くできる仕事だと思った」というように、異業種からの転職組が多いことも知られています。前職でハイヤードライバーと接する機会があって、やってみたいと思ったという人も。ただ、車両の運転が好きだとか得意というだけではできる仕事ではありません。仕事が決まってから、覚えることも多く、研修も長くあるので、勉強家で向上心の高い人に向いています。なかには、長年タクシードライバーとして活躍されてきて、「いずれはハイヤーに」という将来のビジョンを描いている人もいるようです。

かといって、タクシードライバーの多くがハイヤードライバーになりたいと思っているわけではありません。タクシードライバーの方が適職だと思えばとどまりますし、外国語の勉強が厳しいという理由で諦めるケースもあると聞きます。簡単な挨拶程度の英会話であれば、何度か研修と独学で学ぶことはできると思いますが、それ以上の接客だとか、観光案内、日常会話レベルとなれば話は別です。多くの人が憧れる仕事であることは間違いなく、その分大変なことも多く、あらゆることを学び続けていかなければなりません。それをできる人が、ハイヤードライバーとして長く活躍できる人なのでしょう。